フレットのエッジ処理

今日も函館はしばれております。
テナーウクレレのセットアップを施しておりますが、ブリッジの接着前にフレットのエッジ処理を行っていました。この後ブリッジを作製しボディーへ圧着します。
指板のグリーンアバロンのパーフリングはラミネート貝(0.5mm薄貝を張り合わせて厚貝にしたギター用のパーツ品)ではなく、厚貝から一つ一つ手で40個切り出し作成しましたのでラミネート貝のように衝撃で欠けるようなことはありません。